'prevention','environment','health','safety','jitan'

【コンロ】新常識!ガスコンロのグリルは水なし両面焼き!

今のグリルは「水なし両面焼き」が当たり前!?

皆さんは、ガスコンロのグリルで魚を焼いたときに嫌な思い出はありませんか?

例えば、焼いた魚をひっくり返すときに網に身がくっついてしまい、ボロボロになってガックシ。
グリルの受け皿に入った水を捨てる時にこぼしてしまった。

こんな経験をしたことがある方に朗報です!
グリルはとても進化しており、いままで悩みだったものを解決できる機能がたくさんあります!

今回はそんなグリル機能の1つとして「水無し両面焼きグリル」をご紹介します。

ガスコンログリルの種類は大きく分けて2種類!

ガスコンロの魚焼きグリルには「片面焼き」「両面焼き」の2種類があります。

片面焼きのグリルには、受け皿に「水を入れて使用するタイプ」と「水を入れずに使用するタイプ」があります。(水を入れて使用するタイプは現在販売していないですが、、、)

名前の通り片面のみしか焼けず、片面を焼いたらひっくり返してまた反対側を焼く。
片面焼いたらひっくり返す作業が必要で、面倒があります。

両面焼きグリルは、受け皿に水を入れる必要はありません。
魚を入れると上下から火が出て、1度に両面を焼けます。

水無し両面焼きグリルのいいところは?

・上下のバーナーで同時に焼くため、調理時間の時短になる!
・魚をひっくり返す必要がないので、魚の身が割れる心配なし!ひっくり返す手間もありません!
・水無しなので、水を入れる手間もなくこぼす心配もありません
・水無しグリルだと水蒸気が出ずに料理をカリっと焼き上げることができる!
・両面焼きによって魚だけでなく、トーストやノンフライなど調理の幅が広がります!
・調理以外にも、お惣菜の温め直しが得意です!
 余計な油や水分をカットできるのでかりっとしたまま温められます!

注意点はあるの?

片面焼に比べ火力が大きいので、食材が焼網にくっつきやすく、取り出すときに少し注意が必要です(泣)
進化したグリルの魅力はほかにもたくさん♪
今回はガスコンロのグリルの種類についてでした!

記事をシェアする